やっぱり男の子♂

  • Day:2012.06.21 21:28
  • Cat:家族
先日、幼稚園から帰ってきたらこんなになってました!

【えへっ♪】
s-写真 12-05-30 15 20 32

転んで椅子とぶつかったそうです。

僕的には いかにも男の子  って感じで
こんなになって帰ってくるのは何とも思いません。

何時でも何処でもテンションアゲアゲで走り回るふぅしぃなので
こんなになるのは容易に想像ができます。

【やっちまったなぁぁ~】
s-写真 12-05-30 15 20 29

少々の怪我は気にせず、元気良く遊んでねっ!
男の子はこうでなくっちゃね。


スポンサーサイト

初めての週末

  • Day:2012.06.10 23:33
  • Cat:家族
【いちゅばぁぁ~ん!!】


今週末はふぅしぃと2人っきりで過ごしました~! 
奥様は神戸にお勉強をしに、そして僕とふぅしぃはお留守番。
金曜日~日曜日までずっと2人っきり。
この状況はふぅしぃも僕も 初めて! 
ふぅしぃはママがいなくて寂しかったと思いますが
「さみしい~」とかいって泣かずに3日間を乗り越えました。

僕も右手がかなり不自由な状態なので、ちゃんと世話が出来るか心配でしたが
(そうじゃなくても心配でしたが・・・)
なんとか無事に世話をやり遂げました。

この3日間 2人は良くがんばりました!! 

とはいっても、全然大変では無く
ふぅしぃも甘えたり、わがまま言ったりしましたが
とっても良い子でした! 

ふぅしぃも本当に成長しました! ちょっと前なら泣きまくっていたはず
幼稚園にはいってからというもの 成長めまぐるしいです。 
こうやっておにいちゃんになっていくんですね。

ということで、僕の週末はふぅしぃの良いとこ、悪いところを発見できた
貴重な週末となりました。 


脱臼・・・ (>ω<、)

  • Day:2012.06.05 23:53
  • Cat:Bike
仕事が忙しくてBlogの更新が出来なかったのですが
やっとUPができる余裕が出来たのに…
脱臼の話題です!

前回、レースで転んだ時の事を書きましたが
今回は転んだ後のことと、ちょっと珍しい画像を載せたいと思います。

ではでは、早速♪


がしゃ~んと転んだ後、何が何だか分からず起き上がると無線で
「しぇんしゅう大丈夫?」とワタさんに聞かれ、我に返り右腕がめちゃくちゃ痛く動かない事に気が付きます。
「ごめんなさい。交代して…」と返事をしスタッフに支えられピットへ

このレン耐転倒をすると5000円なのですが、ヨシさんがすぐに持ってきてくれました。
そしてサインをしないといけないのですが利き腕が動かず、これまたヨシさんに代筆してもらいました。

そうこうしている間にワタさんが準備を済ませピットに来てライダーチェンジ。
元気良くピットアウトしていきました。


僕はその後痛みから動けず、近くのベンチで休憩。
皆さんから「大丈夫?」と声を掛けていただき、めちゃくちゃ痛かったけど「なんとか大丈夫です。」と
そしてシップと冷却スプレーを貸していただき「落ち着いたら使ってね。」と
地元のライダーさんに親切にして頂きました。

痛みが治まったのか痛みに慣れたのか分かりませんが
なんとか落ち着いてきてたので ツナギを脱ぐ事にチャレンジ。
ヨシさんに手伝ってもらい何とかツナギを脱ぐと
「しぇんしゅう、肩外れてるよ! 
   派手に転んだし骨折してるかもしれないから 病院へ行こう!
最初えっ?ええっぇ?って感じで受け入れられなかったのですが
そのままヨシさんの車で病院へ


脱臼経験者はご存知だと思いますが、僕は初脱臼です。
この先の地獄がどれ程のものか、このときは知る由もありませんでした。

レントゲンを撮り、処置室に入ると早速肩を入れますとのこと
そして気が付けば先生&看護師さんが総勢5名ほどに
おいおいこんな大勢でなにすんの???ってちょっと不安に

で、ガッツリ肩が外れたレントゲン写真がこれ

【見事に外れてます。】
s-Roentgen01.jpg

このとき痛いながらもちょっと落ち着く腕の位置を見つけ支えてもらっていたのですが
「じゃぁいきま~す」と掛け声とともに、腕の向きを変えていきます。
思わず「ちょっ、ちょっ、ちょっとまってぇ・・・」とお願いをしましたが
このときのお医者様は悪魔です。 
「痛いのは分かるけど、がんばって!」と言いながら無情にも肩を入れやすい向きに動かして行きます。
あまりの痛さに声が出ません。

なんとか入る位置まで動かし終わったと思いきや
腕を回しながらぐい~っと引っ張られ
「はい、力抜いて~」とメインの先生が脇の下の筋(?)の部分をぐいぐい押してきます。
これがまためちゃくちゃ痛い・・・。 
動かしたときの痛さの10倍くらい痛い・・・。 
我慢できず思わず「あいやぁぁぁやぁぁあ」と声が漏れてしまいます。
(本人的には「痛い痛い」と言っているつもり)
このとき「あぁ、こんなシーンテレビで見たことある・・・。」と思う冷静な自分もいました。


でも、痛みに必死に耐えてもなかなか肩が入りません。
先生は「力を入れると入らないよ」と何度も言いますが
こんなに痛いのに力を抜くなんて絶対無理っ! 
頭では理解していますが体が拒絶します。
そこでレントゲン映像を見ながら整術をすることに
ここでも腕をぐい~っと引っ張られ、先生が脇の下をぐいぐい押してきます。
しかしもうちょっとの所で入りません。
痛みに必死に耐えるので精一杯で、息をすることも忘れそうでした。


先生も諦め薬の力を頼る事に
最初麻酔をするのかと思って「これで痛みから解放される。」と思ったのですが
なんか力が抜ける薬を点滴で投与するとのこと
ちょっとがっかりしましたが、何でもいいからこの痛みから解放してくれ~って感じでした。
で、先生が「ところで君はお酒強い?結構飲む?」と???な質問をしてきました
「まぁ人並みと思いますけど、お酒は大好きです。」と答えましたが
今なぜ世間話??とちょっと怪訝に思っていたら
この薬は お酒が強いと効き目が悪い とのこと
と、話しているうちに準備が整い、薬を注入。
冷たいものが血管に入ってくるのが分かりました。
そして薬が効き始めるまでちょっと休憩。
そして先生の掛け声とともに作業再開です。
麻酔をしたわけではないので痛いのは変わりません。
また一連の作業でグイグイ押し込んできます。
痛みに耐えてると、なんかちょっと痛みが和らいだ気がし
「入ったよ。」と先生から言われ、激痛地獄から開放されました。 

でこれがばっちり肩が入った状態です。

【お見事!
s-Roentgen03.jpg

で、バイクで転んだという事もあり一応確認のためCTを取ることに
CTの機械の上に寝かされ準備が出来るのを待っていると
猛烈な睡魔が襲ってきました。 
うとうとしてると先生が「血圧が落ちてきた、しぇんしゅうさん大丈夫ですか?」と
心配そうに声を掛けてきました
僕は「むちゃくちゃ眠いです。」と答えると、先生は苦笑しながら「すぐ終わるから、寝ないでね~」と
痛みに耐えた次は、睡魔との闘いです。 

CTも何とか乗り切り、強い薬を入れたので点滴で薄めるとのことで
しばらくは点滴しながら休んでください。と
奥様とふぅしぃもベッドまで来てくれ、遂に安堵の時間がやってきました。
肩に余韻は残るものの、もう動かさなければそんなに痛くありません。
ここで看護師さんに「しぇんしゅさんはお酒強いんですね。」と突然言われ
???と思いながらも、奥様やふぅしぃとお話しながらしばらくボーっとしてました。

点滴も終わり先生の報告と説明を受ける時も
「きみ、お酒強いよ。薬の利きいまいちだったから。」と言われました。
どうも僕は 医学的にはお酒が強い という事らしいです。
そして、レントゲンとCTの画像で分かり易く説明をして頂き、とりあえずは大丈夫とのことでした。
ここに来てやっと一安心です。

あと紹介状を書いて頂き、今回の画像のDVDも付けてくれるとの事
今回の画像もこのDVDから拝借しちゃいました。
このDVDの中身が気になって気になってしょうがなかったので
チェックしたらパスワードもかかってなかったので、ばっちりレントゲンとCT画像を確認出来ました。

【CT画像】
ss-CT001.jpg


すっかり元気になり、お会計を済まし時間を見ると
まだレースに間に合います。
タクシーで駆けつけると、Teamかなぶんはなんと2位を走行中。
何ともあっぱれなお二人です。

主催者の青木琢磨さん怪我の報告と心配頂いたお礼を言ってピットに戻ると
皆さんから「大丈夫?」「お大事に」と沢山の励ましの言葉を頂きました。
この場で皆さんに一言
ご心配をお掛けしました。
     そして温かいお言葉ありがとうございました。



MotoGPのライダーなら次のレースにすぐ参戦、なんてこともあると思いますが
僕は安静にし、早く怪我を治したいと思います。


この2日間右手が使えない生活をはじめましたが
何とか仕事も出来るし、身の回りのことも何とかできそうです。
一番困っているのは ドライヤーをかけれない 事です。
朝起きて寝癖が直せないんですよね・・・
あと、右脇をぴったり固定させられているので
汗をかき、既にあせもが出来ちゃいました。 
今は脇にハンドタオルを挟んで対処してます。


まぁなにはともあれ、安静にしていれば治るので
しばらくは安静に、大人しく奥様の言う事を聞いて
失った点数を挽回したいと思います。 

レースはある程度怪我は付きものですが
怪我をしないのが一番です。 無理せず楽しみましょう~! 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。